外科的な手術が不要?手軽に受けられる豊胸手術


バストアップさせるための方法

ボリュームの無さやバランスの悪さなど、バストにまつわる悩みやコンプレックスを抱えている女性は多いのではないでしょうか。補正下着の着用やサプリメントの摂取やマッサージなど、バストアップの方法には様々なものがありますが、最も手っ取り早い方法と言えば豊胸手術です。美容整形の普及が進んだことにより、クリニックで豊胸手術を受ける女性も年々増えてきています。豊胸手術の方法は外科的なものだけではありません。ヒアルロン酸注入や脂肪注入など、切らずに注射のみで行うことが可能な豊胸手術もあります。

ヒアルロン酸注入による豊胸のメリット

低吸収のヒアルロン酸を注射で注入する豊胸は、自然な仕上がりで柔らかさが出る、局所麻酔のみでOKで施術時間も短く痛みもほとんど感じない、注射のみなので傷跡が残らない、費用が安いなどのメリットがあります。豊胸手術初心者で、手軽にバストアップさせたいという女性におすすめです。部分的にヒアルロン酸を注入することも可能なので、大きくするのではなくバストの形を整えたいという場合にも適しています。

脂肪注入による豊胸のメリット

自分の体の脂肪を吸引してバストに注入する脂肪注入は、自分の体の組織を注入するので異物反応を引き起こす心配が無い、豊胸と同時に脂肪吸引も出来て一石二鳥、自分の脂肪そのままの触り心地で違和感が無いなどのメリットがあります。バストアップと一緒に部分痩せをしたいという女性に最適です。全身麻酔が必要な施術ですが、施術中や施術後の痛みはほとんどありません。

豊胸手術には大きく分けて「脂肪注入」「シリコンバック」「ヒアルロン酸注入」の3種類があります。とりわけ異物を体内に入れる必要がない脂肪注入手術は人気があります。