美肌維持から歯ぎしりの緩和まで!ボトックスの用途を学ぼう!


ボトックス治療の仕組み

肌のシワを取り除いて艶のある状態に改善させる方法として、ボトックス治療があります。対象の部位に薬剤を注入することですぐに効果が出る利点が得られます。ボトックス治療に使われる薬剤は細胞の働きを鈍らせる作用がありますが、この作用で皮膚細胞の老化を一時的に遅らせることでシワが消え、綺麗な状態になるのが美肌に至る仕組みです。ボトックス治療は一時的な効果になりますが、効果がすぐに出る上に部位を限定して行うことが出来る利便性の高さから美肌治療の一環として広く普及しています。シワや弛みを解消する他、細胞の活性化によって生じたシミを薄くする効果もあるため、美肌に改善したい人には最適な方法と言えます。

美容以外の目的で行われるボトックス治療

ボトックス治療は肌のシワや弛みを消す施術というイメージが強いですが、医療の現場では美容以外の目的でも使われています。細胞の働きを鈍らせる作用を応用し、筋肉のこわばりやけいれんを緩和させるのが主な使い道です。中でも就寝中に起こる歯ぎしりはあごの筋肉が大きく関係しているトラブルになるため、ボトックス治療による症状の緩和が効果的とされています。筋肉の働きを一時的に弱くすることで体にかかる負担を減らすことが出来るのがボトックス治療のメリットですが、あくまで一時的な対処療法であることから不具合が緩和されている間に根本的な解消を目的とした治療を受けることが大切です。体質によってはボトックス治療の効果が弱くなることもあるので、自身の体質に適した方法で治療を受けることも重要になります。

ボトックスを注入した後、一般的にはその日のうち、施術の直後からメイクしてもOKです。クリニックからメイクして帰宅することも可能です。