永久脱毛って何?自分でやるにはどうする?


永久脱毛の定義とは?

永久脱毛は効果が高くておすすめ、とよく言われていますが、そもそも永久脱毛とはどんなものを指すのでしょう。文字通りに取れば一生生えない脱毛ということになるものの、実際は少し違っています。「脱毛完了後、一ヶ月後時点での毛の再生率が20%以下」であることが定義とされ、全く生えない状態を永久脱毛というわけでもないのです。とはいえ、多くの場合は殆ど生えなくなると言われており、半永久的な効果に期待ができます。

自分でやりたい場合はどうする?

効果に優れるのなら自分でもやりたいという人もいるでしょう。しかしながら永久脱毛を個人で行うことはできません。というのも、この脱毛法は医療機関のみでしか行うことはできないため、病院で施術を受けるほかないのです。永久脱毛をするには細胞を破壊しなければいけないのですが、それはれっきとした医療行為であり、個人には許可されていません。それに、それほどの効果を持つマシンは市販されていませんので、やろうと思ってもできないというのが実際のところです。

レーザーあるいはニードル

永久脱毛ができる施術には種類があり、レーザーとニードルのいずれかの選択肢となります。特に広く採用されているのがレーザーで、医療機関での脱毛と言えばレーザーを指すことが殆どです。効率的に広い範囲のお手入れをすることができ、尚且つ効果も高いとしてメインの施術として用意されています。ニードルを提供する医療機関も中にはあり、効果で言えば一番優れていると言われているものの、痛みが強かったり費用が高かったりの理由で、多くの場合はレーザーが選択されているようですよ。

一部分を脱毛するなら自宅で脱毛器を用いたセルフ脱毛をすると、コストを削減してお手軽にお手入れができます。