血液クレンジングとはどんな治療法?期待できる効果について紹介


血液クレンジングの概要

血液クレンジングとは、体内から採取して浄化した後に体内に戻す治療法です。血行改善や免疫力の向上などの効果が期待できます。100~150cc程の血液を専用のボトルを用いて採取し、医療用オゾンを注入します。採取後の血液は黒っぽい色をしていますが、オゾンを注入した血液は酸素濃度が高くなり、色も鮮やかな赤へと変わっていきます。綺麗になった血液を点滴によって戻すことで、血流改善や免疫力の向上などの様々な効果が期待できるようになるのです。治療には30分前後の時間がかかります。ヨーロッパでは歴史のある治療法であり、イギリス王室でも利用されているなど広く普及しています。

血液クレンジングの効果とは

血液クレンジングを受けた血液は、赤血球の酸素の運搬能力が向上します。身体の隅々まで酸素が行き渡るようになるので、全身の疲れが解消され筋肉の修復も進みます。治療の最中でも、脳や目に十分な酸素が届くことで視界がクリアになり、手足がぽかぽかと暖まっていくことを感じる方も多いです。冷え性や肩こりに悩んでいる方にはおすすめの治療法です。

また、血液に注入したオゾンが白血球と反応することでインターフェロンの産出を促し、免疫機能の向上効果も期待できます。老化の原因の一つである活性酸素を減少させる働きもあり、アンチエイジングとしても用いられている治療です。血液クレンジングは1回行っただけでもある程度の効果が実感できるケースもありますが、繰り返し行うことでより高い効果が期待できるようになります。

血液クレンジング」とは、採取した自身の血液(100~200cc)にガスを混合して活性化し、体内に戻すという治療法です。血流・新陳代謝が良くなり、さまざまな症状の改善効果があるそうです。